腸内善玉菌の多岐にわたる力

今、話題の乳酸菌。

 

どんな仕組みでどんな健康効果があるのか?

 

乳酸菌の種類は?

 

そんな乳酸菌に関する色々な疑問についてまとめました。

 

乳酸菌の健康効果

乳酸菌が漠然と健康にいいという認識は昔からありました。

 

でも最近ここまで注目されているのは、幅広い効果が具体的にわかってきたからでしょう。

 

  • 便秘・下痢などの排便活動の改善
  • アトピー、花粉症などアレルギーの改善
  • インフルエンザ等に対抗する免疫力の強化
  • 中性脂肪などメタボリック症候群への効果

 

花粉症はいったん発症すると治らないと言われてきました。

 

薬で症状を和らげるほかなかったものが、大幅に改善したり、ほぼ完治する例が出てきているのです。

 

アトピーも医者がなかなか治せない病気のひとつ。

 

アトピーの子供を抱える親の苦しみは筆舌に尽くしがたいものがあります。

 

それが危険なステロイド剤などではなく、乳酸菌で治るとしたら?

 

このように書くと「乳酸菌ってすごい!」と思う人がいる一方、「そんな万能薬みたいな話、怪しい」と思う人がいると思います。

 

そこで乳酸菌が体内でどのように活動するのか、少し見てみましょう。

 

腸内バランスと健康の深い関係

乳酸菌というとヨーグルトの中にいるイメージですが、実はもともと人間の体内にいます。

 

大腸の中には100兆個、重量にして1kgを超える細菌が住んでいます。

 

この中で善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌は、人間の健康に役立つ作用をしてくれます。

 

大腸内の善玉菌は免疫やアレルギーのシステムと深く関わっていることがわかってきています。

 

人間は体内に細菌を住まわせて共生している生き物だということなのです。

 

この図式が見えてくると、乳酸菌の幅広い効能も納得できると思います。

 

一方、腸内細菌の中には有害物質を作り出す悪玉菌もいます。

 

ウェルシュ菌とか、黄色ブドウ球菌などです。

 

善玉菌と悪玉菌の力関係を腸内バランスといいます。

 

乳酸菌を補充して増殖させ、いつも善玉菌優勢の状態を保つことが健康にとても重要なのです。

 

 

おすすめの乳酸菌商品

善玉菌のチカラ

クレモリス菌FC株という選り抜きの健康効能を持つ乳酸菌のサプリです。

 

生きて大腸まで到達する確率も高い。

 

「カスピ海ヨーグルト」の発売元であるフジッコの製品です。

 

善玉菌のチカラの公式ページはコチラ

乳酸菌革命

できるだけたくさんの乳酸菌を配合する方向性で作られたサプリです。

 

乳酸菌のバリエーションを増やすことも大切だと言われています。

 

乳酸菌革命の公式ページはコチラ

カイテキオリゴ

オリゴ糖は腸内の乳酸菌を増殖させる効果が大きいので、乳酸菌サプリとともに摂りたいものです。

 

人間は消化しにくい糖なので、吸収されずに大腸に到達するし、太りません。

 

オリゴ糖には複数の種類がありますが、腸内善玉菌育成の目的で配合比率を最適化した商品です。

 

カイテキオリゴの公式ページはコチラ

アレルギー緩和にイチオシサプリ

乳酸菌の健康効果のひとつにアレルギー緩和があります。

 

いったいこの二つに何の関係が?と思うでしょう。

 

しかし、腸内善玉菌は免疫系と深く関与しています。

 

そしてアレルギーとは免疫の誤作動・暴走。

 

そのためか、腸内環境を改善するとアレルギーが改善することがわかってきたのです。

 

この目的で乳酸菌サプリを飲む場合、一番のおすすめはカルピス社の「アレルケア」です。

 

アレルギー緩和力を基準に菌を選抜し、他のアレルギーを誘発しないようアレルゲンフリーで作ってあります。

 

医薬品ではないので効能は謳えませんが、口コミでは2か月くらいの継続でかなりの効果があったとする報告が相当あります。

 

試す価値はあるでしょう。

 

アトピーもまたアレルギーが中心になった複合要因の皮膚炎です。

 

アレルケアは、アトピーに効く乳酸菌サプリ一覧でも筆頭に上がっています。